就職ウォーカー Shushoku Walker Net 2023

KADOKAWAの「Walker」シリーズの就活版。
先輩の生の声を知るなら就職ウォーカーNet。

新卒採用・就活なら就職ウォーカーNet

無料会員登録 ログイン
※2022年卒対象の企業情報です。2023年卒対象の採用を保証するものではありません。

生活協同組合コープさっぽろ
正社員

  • メーカー
  • 食品
  • 流通
  • スーパー
  • 生活協同組合
  • 運輸・エネルギー
  • 電気
  • ガス

地域がいかに厳しいときも支え、未来に「つなぐ」役割を果たします。

会社情報

基本情報

経営理念・ビジョン 理念:北海道で生きることを誇りと喜びにする。
ミッション:「安心」と「革新」
技術力・開発力 おいしさ、こだわり、産地、安心が一目でわかる「なるほど商品」

コープさっぽろのプライベートブランドとして「なるほど商品」というものがあります。シンプルと良質、できる限り北海道製造にこだわった想いや、栄養成分表示を分かりやすく伝えるパッケージで、一目で「なるほど!」と思える商品。生産者やメーカーのこだわりや想いをカタチにしています。また、安心にとことんこだわった「なるほど安心商品」シリーズも新登場し、ラインナップはますます充実しています。
設立 1965年7月18日
資本金 出資金:775億9,955万円(2020年3月20日)
代表者 理事長 大見英明
売上高 事業高:2,806億9,869万円(2020年3月20日)
従業員数 職員数:15,235名 (2020年3月20日)
内)正規職員:2,351名
事業内容 事業内容:
今回の募集会社は下記5社となります。

生活協同組合コープさっぽろ
◇店舗事業:『おいしいお店』をコンセプトに道内各地に108店舗を展開。くらしを彩る商品をこだわりの品質・鮮度・価格でご提供
◇宅配事業:カタログで注文いただいた商品を組合員さんに直接お届けする無店舗販売『コープ宅配システム トドック』
<接客・販売・製造・配達・企画・分析・営業・商品開発など>

(株)エネコープ
◇コープさっぽろ組合員へ灯油、液化石油ガスの宅配販売
◇家庭用燃焼機器の販売、修理、太陽光発電システムの販売他
◇メガソーラー事業、バイオマスエネルギー活用事業
(プロパンは札幌地区、苫小牧地区、夕張地区、帯広地区の限定)
<販売・営業・企画・管理など>

(株)トドック電力
◇電力事業の拡大・推進
◇事業の運営、企画
<販売・営業・企画・管理など>

コープフーズ(株)
◇食品製造事業
◇宅配事業
◇給食事業
<製造・管理・企画・開発・営業など>

北海道ロジサービス(株)
◇一般食品・雑貨の輸送
◇保管、仕分け
◇発送の物流事業
<仕分け・管理・営業・輸送など>
事業・商品の特徴 ・店舗事業
『おいしいお店』を中心として、北海道のほぼ全域に107店舗を展開。
「食の安全・安心」をテーマとして、地域の皆様に親しまれる店舗運営を目指しています。「コープドラッグ」という名称でドラッグストアの機能も併せ持った店舗が増加しています。

・宅配事業
カタログ注文を受けて、コープ宅配システム「トドック」が、北海道各地の40万世帯の組合員のみなさんへ毎週一回商品をお届け食のインフラをつないでいます。配達だけでなくその地域の見守りも大切な仕事です。

・共済事業
加入や請求の手続きも簡単で安心をお届けするコープたすけあい共済。くらしの中で困ったことが起きたときに、みんなでささえあい、たすけあうことを目的とした保障商品です。

・移動販売事業
人口減少により拍車がかかる過疎地域への買い物支援。食材を積み、トラック内で商品を自分で選んで購入できる仕組みです。現在、道内に81台の移動販売車が稼働しています。

・社会給食事業
栄養に配慮したお弁当を高齢者、幼稚園給食、産後のお母さん向けと幅広い年齢層で展開。管理栄養士により献立が作成されているため、近年増えている食物アレルギーも個別に対応します。

・物流事業
江別に拠点を構え、店舗・宅配すべての物流を一手に引き受けるコープさっぽろのいわば血管の役割。自動倉庫型ピッキングシステム「オートストア」、搬送用台車型ロボットキャリロなど先端システムがそろっています。

・エネルギー事業
コープさっぽろの総合エネルギー会社として北海道の組合員さんへ灯油・プロパンガス・電気を安全安定してお届けし、住宅用設備機器の取り扱いもしています。北海道で初めて「RE100」へも加盟。
事業所・営業所 本部1
地区本部8(札幌、帯広日高、釧路、北見、苫小牧、室蘭、函館、旭川)
店舗107店舗
宅配センター35センター13デポ
グループ会社 99拠点
本社所在地 〒063-8501
札幌市西区発寒11条5丁目10-1
沿革 コープさっぽろは、チェーンストアの進出がめざましかった1965年(昭和40年)に消費者の手で真に消費者の利益を守る流通網をつくろうと、札幌市立北園小学校体育館に地域の住民と北大生協職員を合わせて200名ほど集まって札幌市民生協として設立されました。店舗は、北大生協から譲り受けた大学村支店と同生協から賃貸を受けた北大生協桑園職員寮の1階の2ヵ所で、組合員1,181名、役職員32名によって 1965年10月1日に営業が開始されました。

ページトップへ戻る