新卒採用・就活なら就職ウォーカーNet

就職ウォーカーNetは、「Walker」シリーズを発行する角川書店とのコラボレーションによって実現。新卒採用情報がたっぷりつまった就活お役立ちサイトです。納得のいく就職をするため、新卒採用情報を中心にあなたの就活をサポートします。

新卒採用・就活なら就職ウォーカーNet 新卒採用・就活なら就職ウォーカーNet
就職ウォーカーNet2022 トップページ > シューカツ基礎知識 > エントリーシートの書き方 シューカツ基礎知識TOPページ
自己分析 エントリーシートの書き方 履歴書の書き方 筆記試験講座 ブレイクタイム 説明会の種類 面接講座
エントリーシートの書き方 一次選考もあり得るエントリーシート
最近の就職活動では、選考の1ステップとして「エントリーシート」を提出させるケースが増えてきています。
しかし、エントリーシートを一枚書くだけでも思った以上に時間と労力がかかるので、何社もの提出期限が重なって苦労した先輩が
多かったのも事実。どうして紙切れ一枚で?と思うかもしれませんが、エントリーシートは就職活動を始めたばかりの早い時期に
書くことが多く、この時点で自己分析や企業研究がある程度進んでいないとなかなか書けないものなのです。
一次選考もあり得るエントリーシート つづき
エントリーシートを入手する方法は、採用ホームページからダウンロードするものの他に、請求した資料に同封されていたり、会社説明会等で配られる場合など、企業によって様々です。エントリーシートを採用する企業が増えている背景には、膨大な数の採用応募者を絞り込むための選考審査書類として用いられることもありますが、限られた時間による面接や筆記試験に比べ、記述式にすると志望度の高い学生をじっくり見極めることができ、公平な選考を行いやすいという理由で取り入れている企業もあります。
エントリーシートが実質的な一次選考になる場合も多く、その後の面接での質問材料として使われるなど、企業側は学生の質や適性を判断する資料として重要視しています。そのため、付け焼き刃的な記述内容は後悔の元。じっくり時間をかけて納得のいくものを仕上げましょう。
自己分析や企業研究が出来ていないと、エントリーシートは書けない!

エントリーシートは、自己分析が不可欠といわれています。記入する内容は、連絡先、学校名、趣味等の「履歴書的項目」や、それぞれの企業が知りたい項目を独自に質問する「記述式項目」があり、具体的な志望動機、自己PRなど突っ込んだ質問ばかり。「自分が何をしたいのか」を語るにも、そもそも自分が納得した答えがなければ、相手を頷かせることはできません。
企業が見ようとしているのは、主に「どんな人なのか」「どうして当社を志望しているのか」の2点。「こういう人だから、当社に興味を持って、当社のこんな仕事をしたいと思ったのだな」と第三者から見ても納得のいく記述ができれば、その後に行われる面接だって十分うまくいくはずなのです。

そして、欠かせないのが業界・企業研究。しかもただ「よく理解している」というだけでなく、あなたがその会社を選んだ必然性(=理由)が盛り込まれたものでなくてはなりません。企業研究は、ただパンフレットの内容を暗記するだけでは意味がありません。最も感動した点だけでなく、感じた疑問や問題点に対する自分なりの意見もまとめておき、具体的な志望動機の土台を築いておきましょう。

人事担当者を唸らせるエントリーシートとは?
エントリーシートに正解はありません。「企業ウケする人物」を演出したところで、面接で見破られるのがオチ。結局は自分の資質で勝負するしかないのです。ただし、人事担当者の目に留まるエントリーシートには共通点があります。
目に留まるエントリーシート
1 自分なりの視点がある 2 簡潔で分かりやすい文章である
3 質問の意図に沿った内容である 4 「その人らしさ」が伝わる具体例がある
5 一番最初に届いた

意外に多いのが、質問の答えになっていない的外れな記述になっているケース。例えば、「当社に興味を持った理由」に対して、興味のある事業内容について延々と説明しても、肝心の理由が見当たらなければ、単なる「事実の羅列」に過ぎません。この場合、その業界に興味を持ったきっかけや、自分のやりたいこととその会社の業務の結びつきに、どれだけの接点を見い出せるかで、相手が納得する度合いに差が出てきます。自己PRにしても「責任感がある」「積極的だ」だけでなく、その根拠となる事例を織りまぜながら記述しなければ、説得力に欠けるものになってしまいます。

人事担当者は当然、数多くのエントリーシートを読んでいます。そして「なぜ、当社なのか」という理由を重視しています。どんな会社にでも通用するような内容は見破られますし、熱意を込めて書かれたものは志望の強さも自然と伝わってくるものです。その企業への「思い」がはっきり分かるように伝えること。そして、「この学生に会ってみたい」と思わせる内容にできるかどうかが勝負どころです。そして、せっかく書いた内容をしっかり読んでもらうためには、企業のエントリーシート受付開始日から間もないうちに提出することです。〆切間際には、多くの学生のエントリーが束になって届きます。その束に埋もれないためにも、真っ先に提出するくらいの意気込みで作成しましょう。

また、エントリーシートを作成する際は、以下のようなポイントを知っておくと、回答しやすくなります。

9point
1 今までしてきたこと、その結果から有能な人物であるかを探る質問
具体例: 学生時代に力を入れたことは何ですか?
評価点: 潜在的業務遂行能力の高さ、目標追求力、判断力、集中力等
2 知的レベルを知るための質問 3 職業志向、価値観、生き方を探る質問
具体例: あなたが今最も関心のある事は何ですか?
評価点: 潜在的業務遂行能力を成す知識の深さと広さ
具体例: あなたが社会人になるにあたって心掛けていることは何ですか?
評価点: 社会人への準備・進捗状況、価値観
4 職業観について知るための質問 5 職業選択基準について知るための質問
具体例: あなたは将来どのような社会人になりたいですか?
評価点: 社会人への準備・進捗状況、価値観
具体例: あなたの業界・企業・職業の選択基準は何ですか?
評価点: 社会人への準備・進捗状況、価値観、
今後の採用への参考
6 あなたに対するイメージ形成の質問 7 弱みや強みを聞く質問
具体例: 自己PRを書きなさい
評価点: 自己分析ができているか、プレゼンテーション力、人間的魅力
具体例: あなたの長所(あるいは短所)は何ですか?
評価点: 自己分析ができているか、知能・技能の高さ、
好き嫌いの志向性
8 志望動機を聞く質問 9 やりたい仕事を聞く質問
具体例: あなたが当社を志望した理由を書きなさい
評価点: 自社への就職に対する熱意
具体例: あなたは当社で何をしたいですか?
評価点: 未知の能力への可能性、意欲の方向性
まずは、書いてみよう!
エントリーシートは、自分のことを全く知らない企業に「自分を売り込む」ために書くものです。あくまで「就職のための自己PR」であって、自己紹介とは意味が全く異なります。まずは、実際に書いてみること。最初からうまく書けなくても、何度も書き直して作り上げた文章は、自分が「伝わる」ものに近づくはずです。
そして大切なことは、溜めずに書いていくこと。作成するのに時間がかかるエントリーシートは、一度溜めてしまうとその後の就職活動が遅れがちになってしまいます。また、全ての企業がエントリーシートを一定の評価基準を持って読んでいるとは限りません。提出期限が近づく程、エントリーシートを評価する基準が厳しくなることを考慮しなければなりません。
知っておくと差がつくエントリーシート成功ポイント 提出前にこれだけはチェック!
人事担当者が何を知りたいのか考えながら書く
見易く、分かり易く書く(箇条書きなど)
設問に的はずれなことは書かない
全ての設問を志望動機とリンクさせる
溜めずにスケジュールをたててどんどん書く
読み易い丁寧な字を心掛ける
全ての設問に自己PRを意識
コピー(控え)は必ず保存し、面接前に必ずチェック!
誤字・脱字はないか
文章全体に矛盾点がないか

書いたら、読み直す(親しい先輩(社会人)などに評価してもらう)
質問項目に記入漏れがないか
何を言いたいのか明確になっているか
PageTopへ