就職ウォーカー Shushoku Walker Net 2021

KADOKAWAの「Walker」シリーズの就活版。
先輩の生の声を知るなら就職ウォーカーNet。

新卒採用・就活なら就職ウォーカーNet

無料会員登録 ログイン

株式会社セノン
正社員

  • サービス
  • その他
  • その他
  • その他業界

SECURITY INNOVATION
社会に信用される警備会社 セノン

もっと知ってよ会社(ウチ)のこと

VOICE一覧

大好きな飛行機のそばで働く

伊勢 千咲

千歳支社 航空部
札幌国際大学 観光学部 観光ビジネス学科

先輩社員の視点

 

進士 笑

北海学園大学 経済学部一部 地域経済学科
2019年入社 
株式会社セノン  千歳支社 航空部

対応力が磨かれ、自分に自信がつきました!
≪新入社員に聞いてみました!≫
★現在の業務内容は?
 新千歳空港の保安検査業務です。主な担当は、航空券の確認、ボディチェック、お預かりしたお荷物の返却や液体物の検査です。

★やりがいを感じる瞬間は?
 自分達が検査させて頂いたお客様やお荷物が、無事、目的地に到着したときですね。お客様の空の旅を陰で支えている、という実感があります。あとは、社内資格や国家検定に合格した時は達成感もありますし、次の検定への励みに繋がります。

★大変なことは?
 ミスが許されないので、常に注意を払い続ける必要があります。責任感が問われる仕事だと痛感しますね。また、気持ちよく保安検査を受けて頂く為に、注意書きを活用して分かりやすく説明し、丁寧な言葉遣いを心がけています。

★学生時代と比べ、成長した点は?
 接客に対する恐怖心が無くなりました!入社当時は先輩の後ろにつき、対応方法が分からなければすぐ聞いていました。半年経った今は自信がつき、笑顔も自然に出るように。幅広い年代や海外のお客様に対し、お声掛けできるようになりました。

休日は東京へライブ観戦、海外旅行へ行くことも。充実した毎日を過ごしています!

数字で見る同社の特徴

≪50年≫の歴史
当社は、2019年5月16日をもって創業50周年を迎えました。

常駐警備業務から出発し、お客さまのニーズにお応えしながら、
機械警備業務、ビルメンテナンス業務、空港保安検査業務(ハイジャック等防止検査業務)、空港消防業務、車両運行管理業務、医療関連業務、道路管理業務などへと領域を拡大してきました。
なかでも40 年を超える経験を有し、国内主要空港を含めて全国36 空港のネットワークを誇る空港保安検査業務は、当社の大きな強みとなっており、業界トップレベルの評価を受けております。
そして創業から50年が経った2019年、当社は新たな歩みを始めました。
6月に開発拠点となるセノンテクニカルセンターを開設し、ウェアラブルカメラシステムの本格運用を始めたほか、7月には東京・杉並にバッティングセンターや多目的フィールドなどを備えた「セノン スポーツ ゼロ」がオープン。スポーツ事業への取り組みも開始しました。

半世紀という長い歴史を刻んできた当社。
創立50周年を機に新たな挑戦を開始しています。
次の歴史を一緒に作りませんか?

企業PR

社名にかけた想い
社名である「セノン(SENON)」は、「SECURITY INNOVATION」を略したもので、創業以来、警備業に革新を起こし、ソフト・ハード両面にわたって新機軸を提案してきました。

近年、日本社会において安心・安全を求める声は大きくなっており、必然的に警備業へのニーズも高まっています。国内の警備業者そして警備員の数が年々増加しているという事実も、需要の高さを示しています。防災や防犯、リスク管理といった、≪未然に防ぐ≫重要性が多様な場面で謳われており、その主たるビジネスが、当社を含めた「警備業」と言えます。

警備業は1964年に行われた東京オリンピックを機に急速に発展し、現在に至るまで進歩を続けています。その背景には技術の革新があります。
当社においても、国産初の熱線センサーを用いた機械警備を、業界でもいち早く開始しました。1990年代半ばからは画像警備が始まり、現在では、カメラと各種センサーを併用することで、より精度を高めています。そして2019年。東京・杉並区に、技術開発拠点となるセノンテクニカルセンターを開設しました。外部事業者との共同開発に注力し、AIを活用したオリジナルの製品・サービスの開発に力を入れています。

しかしながら、どんなに技術が発達しても、最後は人と人との関係、人間による対応とサービスが差別化になります。例えば、空港で行われる保安検査は、X線画像を用いながらも最終的には人の目が便りになります。今後はAIを活用し業務の省略化を取り入れつつ、人にしかできない「真心警備」を目指していきたいと考えています。

選考のポイント

選考は人物重視!
警備の仕事は、施設に来場するお客さまやテナントの関係者など、さまざまな人とコミュニケーションをとるため、接客業に近いところがあります。
人に寄り添うという姿勢で警備に携わらなければ、利用者の方たちに安全・安心という感情を抱いていただくことはできません。ですので、【明るく元気に人と接することのできる人】、【人と接するのが好きな人】には、活躍できるチャンスが大きく、選考でもコミュニケーションが円滑に取れるかどうかを確認しています。
また、選考中に笑顔でいられる人は、お客さまの前でも素敵な笑顔でいられる人だと考えておりますので、ぜひ意識して頂きたいです。

インターンシップを試みました!

新千歳空港でのインターンシップ
2月某日、インターンシップを新千歳空港にて実施しました。
当日の風景をお伝え致します。

◎空港内見学
★まずは保安検査場へ
制限区域内への入場となるため、全員セキュリティチェックを受けました。
ジャケットやブーツを脱ぎ、保安検査場を無事通過!
X線によって映し出されたモニター画像を確認したり、ペットボトルを検査する装置で異物混入をチェックしたりと、普段見ることのない機器に、皆さん興味津々でした!

★続いてプレミアム保安検査場へ
照明が落とされ、素敵な香りが漂う空間に、皆さんの目も輝いていました。
より上質な接客対応が求められるということもあって、接客業務に興味がある学生 さんからは質問が飛び交いました。
「このエリアはどうすれば担当できますか?」
はい、一定基準を満たせば、若手でも挑戦できますよ!
一番大切なのは『お客様をおもてなししたい!』『接客サービスを極めたい!』という想いです。

★最後は受託手荷物検査場へ
こちらにはカウンターで預けられたスーツケースが、次々と運ばれてきます。
自分が預けた荷物はこうやって検査されているのか・・・と、身をもって実感された様子でした。

移動中、至近距離で見る飛行機に、皆さん釘付けになっていました!やっぱり飛行機ってかっこいいですよね!

◎業務体験
空港見学を終えた後は業務体験です。
★ボディチェック
従業員からのレクチャーを受けた後、お客様役の従業員に携帯型金属探知機をあてて、金属反応を確認していきます。
反応があった部分は、手袋をはめた指先で触ってチェック
最初は戸惑いながらも、積極的に取り組んで頂きました!

★手荷物(鞄)の検査
開被指示があった、鞄の中身を確認する方法についてご紹介。
お客様へご協力を依頼する際の話し方、鞄の確認手順、返却方法など、細かい部分まで動作が決まっていて、一つ一つに意味があることを学んで頂きました。

他にも、業界研究セミナーや現場社員との交流会などを行い、
あっという間に終了の時間に。

「実際に機器に触りながら、体験できるのが良かった」
「現場社員との交流により、会社の雰囲気がつかめた」
という嬉しいお言葉も♪

航空保安検査業務に興味が湧いてきたあなた!
ぜひ一度、職場見学にお越し下さい!
1時間程で保安検査場や検査業務の紹介をさせて頂きます。
ご希望の場合はm-sawada@senon.co.jpまで。

お問い合わせ

問い合わせ先 リクルートマネージメントセンター 北海道支社
〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西6-1-2 アーバンネット札幌ビル7階
電話番号:011-281-1411
交通機関 大通駅より徒歩10分

ページトップへ戻る