就職ウォーカー Shushoku Walker Net 2021

KADOKAWAの「Walker」シリーズの就活版。
先輩の生の声を知るなら就職ウォーカーNet。

新卒採用・就活なら就職ウォーカーNet

無料会員登録 ログイン

揖斐川工業株式会社
正社員

  • メーカー
  • 建材
  • 情報・通信
  • 情報処理
  • ソフトウェア
  • 運輸・エネルギー
  • ガス
  • 石油
  • 建設・不動産
  • 建設
  • プラントエンジニアリング
  • サービス
  • レストラン
  • ホテル
  • 冠婚葬祭

自分と自分のまわりの人々の幸福のために

会社情報

基本情報

経営理念・ビジョン 「自分と自分のまわりの人々の幸福のために」を企業理念として、お客様のご満足を得られる商品、サービスの提供をモットーにしています。
当社は、揖斐川における河川砂利採取販売からスタートしました。
しかし、資源産業だけではなく、時代の変化に応じて、事業・サービスに果敢に着手。
結果、多様的な事業展開より、あらゆる分野の顧客層の支持を獲得しています。
コンクリート二次製品、農業用資材の製造から高効率大型植物工場の提供、
運輸業、ホテル業など多業種の事業展開を積極的に進め、11社からなるグループ企業に成長。
地元の期待に応え、地域の発展を担うリーディングカンパニーとして、
積極的な事業展開を進めています。
技術力・開発力 新商品を企画してみませんか?
時代のニーズを反映し、次々と新しい製品を生み出してきた当社ですが、
もちろんそれは社員ひとりひとりの提案から生まれたものばかり。
顧客の声を製品に反映できるメーカーならではの強みを活かして、開発部門に限らず、
営業・生産などすべての社員が新製品の企画に携わっています。
我が社の社風 十万石ふるさと祭り・イルミネーションをはじめ、各種イベント盛りだくさん。
伊吹山での登山を含めた「新入社員フォローアップ研修」をはじめ、季節と共に、揖斐川工業には、様々なイベントが盛りだくさん。
春には、新入社員歓迎ボウリング大会を開催。グループ全員で新入社員を迎えます。
夏にはボウリング大会を開催し、社員・社員のご家族も参加し、親睦を深めています。
ボウリング大会の後は、ビアホールで心もお腹も満たしてもらっています。
秋には待ってましたの「十万石ふるさと祭り」。地域の優良企業が参加する企業みこしに毎年参加し、グループ一丸となって大きなみこしをを担いで練り歩きます。また、11月には文化展を開催!写真、絵画、書道等自信作を展示しています。
冬には各事業部でアイデアを出してさまざまなクリスマスイルミネーションを展開。様々なイベントを通じ、自ずと社員間のコミュニケーションは活発になっていきます!
新年には、安全祈願祭を行い、グループの安全を祈願し、そのあとの懇親会では、若手、ベテラン、男性、女性関係なく盛り上がります!
設立 1945年
資本金 4億9,800万円
代表者 井上 豊秋
売上高 120億8,400万円(揖斐川工業単独/2019年7月期実績)
188億900万円(揖斐川工業グループ全体/2019年実績)
従業員数 287名(揖斐川工業単体)
859名(揖斐川工業グループ全体)
事業内容 ■ コンクリート二次製品の製造・販売
■ 農業用資材の製造・販売
■ 高効率大型植物工場の設計・施工
■ 農場の経営
■ 砂利、砂、砕石、栗石の製造・販売
■ 土木建築工事の請負
■ 建設資材の販売
■ ソフト開発、OA機器の販売
■ ホテル業 (フォーラムホテル)
■ 貨物自動車運送事業(運輸)
■ 自動車および建設機械の整備(オート)
事業・商品の特徴 ■ 現代のキーワードは 「地球環境」
機能性、施工性だけでなく、自然との調和、共生等の要求はますます高まる傾向にあります。
私たちは、それらのニーズに積極的に応えるため、緑化コンクリートブロックなど
環境にやさしい製品の研究開発、製造販売に取り組んでいます。

■ 揖斐川工業 アグリ・バイオ部は 水稲用育苗培土、園芸植物生産用培養土、セル成型苗、花卉・野菜生産設備のメーカー として、お客様に要求される 高い品質の製品を提供。
「神戸ナーサリー」は、当社が長年培った生産技術と栽培システムの最先端設備を活かしたハイテク野菜苗生産農場。高品質かつ競争力の高い野菜苗生産を実現 しています。
長野県に設立した「富士見ナーサリー」を関東進出の起点とします。

■ アグリシステム部の製品「IKポット耕システム」をJR九州へ納入、新規就農者の育成を目的に設立された「岐阜県就農支援センター」に採用されました。また、企業研究施設用の環境制御温室、温室内自動生産システム導入など日本の農業を担う植物工場の発展に大きく寄与しています。
事業所・営業所 本社(岐阜県大垣市)、名古屋支店(名古屋市中区)、他
岐阜、愛知、三重、長野、大阪に事業拠点あり
本社所在地 岐阜県大垣市
沿革 揖斐川工業の歴史は、創業以来、世の中のニーズ・変化に対応し、新たなサービスを形としてきた蓄積です。企業理念「自分と自分のまわりの人々の幸福のために」をモットーに、地域に暮らす人々のより豊かな生活の為に努力を惜しまない。これが、揖斐川工業の事業姿勢です。
昭和20年 揖斐川工業(株)を岐阜市に於いて設立
昭和24年 本社所在地を現在地大垣市に移転
昭和31年 輸送部門を開設
昭和34年 輸送部門を分離、揖斐川工業運輸(株)を設立
昭和35年 岐阜県安八郡神戸町に神戸工場を新設
昭和37年 大垣いすゞサービスセンター<現(株)大垣オートサービスセンター>設立(2月)
     アイケイコンクリート工業(株)を買収、コンクリート製品の製造販売を開始(10月)
昭和38年 岐阜県関市に関工場を新設
昭和39年 (株)小野田愛知鉱業所を設立、愛知県における骨材生産の拠点を確保(1月)
     岐阜県関市に関コンクリート工場を新設(8月)
     レストハウス幸福会館を建設し、結婚式場の経営に進出(12月)
昭和40年 揖斐川工業運輸名古屋営業所を開設
昭和41年 岐阜県中津川市に中津川工場を新設(8月)
     揖斐川工業運輸尼崎営業所を開設(11月)
昭和42年 食堂部門、結婚式場の経営を分離し、(株)レストハウスを設立
昭和44年 岐阜県各務原市に各務原工場を新設
昭和51年 池田工場を新設 農材事業を開始
昭和60年 池田工場にバイオ棟を新設、バイオテクノロジーの研究に着手
昭和61年 本社社屋を新築
昭和63年 (株)フォーラムホテル設立
平成元年 揖斐川工業運輸碧南営業所を開設
平成 3年 アイケイコンクリート工業(株)を吸収合併
     アグリ・バイオ部「中部プラグセンター」完成
平成 5年 アグリ・バイオ部 栽培システム設計・施工を開始
平成18年 関コンクリート工場のスプリットン工場を新設
平成23年 アグリ・バイオ部 高効率大型植物工場「神戸ナーサリー」を新設
     東愛知営業所を開設
平成24年 アグリ・バイオ部 栽培システム部門がアグリシステム部として独立
     新事業開発部が発足
平成25年 新事業開発部トマト実証園場「神戸ラボ」を新設
     関コンクリート工場の間知工場を新設
平成30年 長野県に富士見ナーサリーを新設

お問い合わせ

問い合わせ先 揖斐川工業株式会社(IBIKO CORPORATION)
〒503-8552
岐阜県大垣市万石2-31
TEL 0584-81-6172
URL http://www.ibiko.co.jp
MAIL takaaki@ibiko.co.jp
担当/総務部 河合

ページトップへ戻る