就職ウォーカー Shushoku Walker Net 2020

KADOKAWAの「Walker」シリーズの就活版。
先輩の生の声を知るなら就職ウォーカーNet。

新卒採用・就活なら就職ウォーカーNet

無料会員登録 ログイン

株式会社博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ
正社員

  • その他
  • その他業界
 

未来を発明する会社へ。

会社情報

基本情報

経営理念・ビジョン 「未来を発明する会社へ。」
博報堂・博報堂DYメディアパートナーズは今年、5年後・10年後のビジョンとして、
「未来を発明する会社へ。Inventing the future with sei-katsu-sha」を掲げました。
ではなぜ、広告会社が、「発明」を?

広告会社は、これまで、クライアントの商品やサービスのコミュニケーションを
主なビジネスとしてきました。

しかし、時代は大きく舵を切っています。インターネットをはじめ、縦横無尽のネットワークと
発信手段を手に入れた「新しい生活者」は、いまや、ただの受動的な存在でありません。

デジタルでつながった「行動する主体」「発信する主体」として、
単に情報を受け取るだけでは満足しなくなりました。
1981年に「生活者発想」を掲げて以来、生活者と共に歩んできた
博報堂・博報堂DYメディアパートナーズにとって、今は、次の時代に向けて、
ビジネスを大きくシフトする時です。

私たちは、従来の広告業に加えて、様々な商品やサービス、
事業やメディアを「つくる」会社になります。

過去に全く存在しなかった何かを、生み出す主体になります。

これは、生活者のつながりに身を投じ、リスクを恐れず、広告ビジネスを超えた
新しい可能性に挑戦しよう、という「変革の宣言」でもあります。

だから、「発明」。

DNAである「生活者発想」と「パートナー主義」を一層進化させ、

日本でも、グローバルでも、「発明」を繰り返す。

そんな会社に、私たちはなることに決めました。
いよいよ、「生活者とともに未来をつくる」存在へ。
私たちのビジネスは、未曾有の大きな転換点を迎えています。
我が社の社風 「粒ぞろい」よりも、「粒違い」を大切に、多様な社員が働いています。
設立 (株)博報堂:1895年10月/(株)博報堂DYメディアパートナーズ:2003年12月 ※創業
資本金 (株)博報堂:358億4,800万円/(株)博報堂DYメディアパートナーズ:95億円
代表者 【(株)博報堂】代表取締役社長 水島 正幸
【(株)博報堂DYメディアパートナーズ】代表取締役社長 矢嶋 弘毅
売上高 9,470億54百万円(2017年4月~2018年3月期、連結ベース)
従業員数 (株)博報堂:3,481名/(株)博報堂DYメディアパートナーズ:735人
事業内容 博報堂は「生活者発想」と「パートナー主義」というふたつのフィロソフィーのもとで、日々革新を続けています。
高いクリエイティビティを持つプロフェッショナルがチームを編成し、広告領域のみならず、戦略構築から社会的なムーブメントの創出まで、あらゆる領域においてクライアントの皆様の課題解決をお手伝いしています。
博報堂グループとして戦略、企画、実施の体制を国内外に整え、クライアントのマーケティング活動全体の最適化を実現する「次世代型の統合マーケティングソリューション」を提供してまいります。

博報堂DYメディアパートナーズは、博報堂、大広、読売広告社の3つの広告会社のメディア機能を統合して設立された「総合メディア事業会社」です。
博報堂DYグループのメディアビジネス、コンテンツビジネスを担い、同領域におけるプラニング、プロデュース、バイイング、トラフィック、ナレッジを主要な機能として駆使し、3つの広告事業会社と連携して、広告主、媒体社、コンテンツホルダーに対し、最適な課題解決力を提供します。
「生活者」を読者・視聴者・観客として捉え、消費者・顧客へとつなげていく新しいメディア価値の創造。このようにメディアを広義に捉え、「メディア効果をデザインする」ことが私たちの目指すメディア・コンテンツビジネスです。
事業所・営業所 【(株)博報堂】本社/東京、支社/関西・中部・九州、営業所/京都・鹿児島
【(株)博報堂DYメディアパートナーズ】本社/東京、支社/関西・中部
本社所在地 〒107-6322 東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー

お問い合わせ

問い合わせ先 〒107-6322 東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー
[TEL]03-3211-2145(平日9:30~17:30)
お問い合わせの時は、My PageのID番号(ご不明な場合は、氏名、
学校名、ご登録のメールアドレス、電話番号をお知らせください。)

ページトップへ戻る