新卒採用・就活なら就職ウォーカーNet 新卒採用・就活なら就職ウォーカーNet
ようてい農業協同組合(JAようてい)
基本情報
設立 1997(平成9)年
代表者 代表理事組合長 八田 米造
従業員数 職員352名(うち嘱託128名)
(2017年1月末現在)
事業内容 「販売事業」
組合員が生産した農畜産物を集荷して市場などへ販売します。
消費地に対して、通年安定供給体制と「ようていブランド」の確立に取り組み、「高品質・おいしい・安全」な食材の供給を行っています。
JAの事業においては、組合員の所得に直結する重要な事業として位置づけられています。

「購買事業(資材)」
農業生産に必要な資材を計画的に大量購入することで、仕入れ価格および流通コストを抑え、安くて安全かつ良質な品物を提供しています。

「購買事業(燃料)」
どなたでもご利用いただける身近で便利な給油所としてガソリンをはじめ、家庭用灯油・プロパンガス・自動車用品など様々なニーズにお応えする地域密着のサービスステーションです。

「営農指導事業」
地域農業の持続的な発展を図るために、農業構造の改善、栽培技術の高位平準化、担い手対策、就農支援のための情報提供、農業の多面的機能の発揮等、農家経済に不可欠な育成、指導に努めています。

「信用事業」
信用事業は、貯金、貸出、為替など、いわゆる金融業務といわれる内容の業務を行っています。この信用事業は、農協・信連・農林中金という三段階の組織が有機的に結びつき、農協系統金融として大きな力を発揮しています。

「共済事業」
共済事業は、終身共済・年金共済・養老生命共済・こども共済など生命にかかるものと、火災共済・建物更生共済・自動車共済・自賠責共済など財産にかかるものの商品をお取扱いしています。
また、生涯にわたる「ひと・いえ・くるま」の総合保障に向けて、組合員・利用者をはじめ地域住民のみなさまに積極的に活用していただけるよう推進しています。