新卒採用・就活なら就職ウォーカーNet 新卒採用・就活なら就職ウォーカーNet
※2018年卒対象の企業情報です。2019年卒対象の採用を保証するものではありません。
北海道信用農業協同組合連合会(JA北海道信連/JAバンク北海道)  
金融(政府系金融/その他)/その他(その他業界)
私たちJA北海道信連(JAバンク北海道)は、「食料生産基地“北海道”」における組合員(農業者)、会員(JA等)、そして地域の皆さまの金融サポーターです。
会社情報 採用情報
なりたいオトナの探し方
会社情報
基本情報
経営理念・ビジョン 『一人は万人のために、万人は一人のために』の精神で地域に貢献。
 JA北海道信連は設立以来、JAとともに『北海道農業の発展と地域経済への貢献』をモットーに事業を運営してきました。JAバンクの北海道本部として、「組合員農家の経済的・社会的地位の向上および食料生産基地“北海道”の生産基盤拡充への寄与」「JA信用事業機能強化に向けての支援」「地域社会の発展に寄与する農業関連産業・北海道経済を担う企業へのサービスの提供」を行ってきました。
 私たちの使命は、協同組合組織の農業専門金融機関として、会員JAとその構成員である農業者の経営と生活の向上を図り、国民経済の健全な発展に寄与すること。これを念頭に置き、『一人は万人のために、万人は一人のために』の精神で、今後も地域社会の活性化に貢献していきます。
設立 1948年7月
資本金 961億円
代表者 代表理事理事長 牧野 勇
貯金残高 2兆8,387億円(2016年3月末現在)
従業員数 327名(うち総合職 234名 2016年3月末現在)
事業内容 農業協同組合法に基づく信用(金融)事業
●貯金業務
全道JA、連合会及び関係団体の余裕金、決済資金や、一般の法人・個人の方々からのご利用目的に応じたさまざまな種類の貯金をお預りする業務
●為替業務
送金・振込・代金取立等の為替取引、給与振込、各種年金受取サービス等に関する業務
●貸出業務
農業者の必要な資金、地域経済の発展を支える企業及び地方公共団体等に対し事業の発展に役立つ短期運転資金・設備資金・長期運転資金等様々な用途の資金を幅広く融資する業務
●受託業務
農業生産基盤の整備、農業経営の維持、生産力の拡大等に必要な長期・低利な資金を安定的に融資するため日本政策金融公庫の受託金融機関として、各種制度資金及び生活関連資金を取り扱う業務
●資金証券業務
農林中央金庫への預け金、国債等への投資等、中長期運用を基本とし、先物・オプション等のオフバランス取引貸付、有価証券取引等、安全性・流動性を重視した効率運用を行う業務
●電算業務
JAバンク全国統一の信用事業システムである“JASTEMシステム”により貯金・貸出金・為替等の取引を安定的かつ正確・迅速に処理する業務
●研修相談業務
JAからの金融法務・税務に係る個別相談に対応したり、JA職員向けに各種研修会を実施(人材育成支援)する業務
●金融推進業務
JA信用事業の機能・サービスの拡充・強化を目指した支援、道内JAの本部機能としての新商品の企画、テレビ・新聞等マスメディアを媒体とするPR活動を行う業務
●その他の業務
  ・国債窓販業務(長期利付国債・中期利付国債・個人向け国債等)
  ・投資信託窓販業務(公社債投信・株式投信等)
  ・代理収納決済業務(日銀歳入金、北海道等の公金、電話・電気・クレジット代金等)   等
事業所・営業所 本所(札幌)、事務センター(札幌)、札幌支所、岩見沢支所、旭川支所、帯広支所、北見支所、釧路支所
本社所在地 北海道札幌市中央区北4条西1丁目1番地 北農ビル
PageTopへ
会社情報 採用情報