新卒採用・就活なら就職ウォーカーNet 新卒採用・就活なら就職ウォーカーNet
※2018年卒対象の企業情報です。2019年卒対象の採用を保証するものではありません。
マルヤス工業株式会社  
メーカー(自動車/その他輸送用機器)
  バイタリティ溢れ、チャレンジ精神旺盛な若い皆さんのパワーに期待しています。
「学生時代に磨いてきたことがあり、これには自信がある!」という方、語学が堪能な方や海外勤務に興味のある方もお待ちしています。
会社情報 採用情報
なりたいオトナの探し方
会社情報
基本情報
経営理念・ビジョン <社是は、和>
個性という言葉が重要視しされて久しい。しかし本当に自分というものを知っているひとがどれだけいるでしょう。ほとんどのひとがその可能性に気付いていないような気がします。当社は、まず自分探しからはじめていただきます。そして個性を知り、さながら大シンフォニ-を演奏するオ-ケストラの一員であるかのように協調しあえる環境をつくり出す。マルヤスという創造土壌はそうして形成されてきました。

「夢をもち、飛翔する企業」となるためには「やってよかった」という達成感を一人一人が感じられるようにしなければなりません。つまり、チャレンジする心です。自身の成長にあわせて、少しずつ大きな仕事に挑んでいく。失敗を恐れず前へ前へ歩を止めない。すべてを栄養にして、やがて大木になる。技術力ももちろん必要だし、専門知識も大事だが、生きる力も重要なのです。これで生きていくんだという潔さも当社は評価したいと思っています。

和の土壌があり、一人一人に「やる気」がある企業。だからこそ夢を実現できるのです。そしてその夢を描くのがひとであることをひとときも忘れません。「企業は人なり」ということを、人の成長こそ財産であるということを真剣に考えている企業がマルヤス工業なのです。
マルヤスFC岡崎 当社サッカー部は、2014年度より、日本フットボールリーグ(JFL)に昇格しました。今年も3月8日(日)17:00より名古屋港サッカー場をスタートにホーム&アウェイでアツい戦いがはじまります。
FCマルヤス岡崎 VS ソニー仙台FC
サッカーに興味のある方は、是非下記HPをご覧下さい。
http://www.maruyasu.co.jp/fc/index.html  
技術力・開発力 <燃費向上とクリーンクルマ社会をつくる製品、EGRクーラー>
自動車部品を開発・製造している当社が、現在力を入れている製品が「EGRクーラー」です。ガソリンエンジンやディーゼルエンジンの排気ガスを循環させて冷却することで炭酸ガスや窒素酸化物などを除去し、クリーンな環境保全に貢献しています。EGRクーラーのような熱交換機の性能を上げるためには、(1)伝熱面積を上げる、(2)熱を効率的に伝えるという2つの手法がありますが、当社では(2)に力を入れています。排気ガスが流れる内部にフィンを取り付けることで熱交換効率をアップし、小型・軽量化に成功。燃費向上にもつながっています。こうした複雑な形状を実現できるのも、チューブ成形やろう付け加工といった独自の技術が当社に蓄積されているからです。
我が社の社風 <技術系・事務系を問わず、一人ひとりの考えを尊重します>
技術系・事務系を問わず、自分らしさを発揮してノビノビと仕事を進めていけるのが、マルヤス工業の社風です。営業で言えば、当社はトヨタ自動車を始めとした、国内全ての自動車メーカーのTEAR1メーカー(一次部品供給企業)ですから、直接自動車メーカーの担当者と打ち合わせをしながら新車の情報をつかみ、自分の考えに基づいた提案を行っていきます。また、開発に必要な設備や測定器は、技術者の要望をもとに必要に応じて積極的に導入していきます。さらに、商品化されていない製品の先行開発にも力を入れてます。そんな自由な開発環境から新しい製品が生まれてくるのです。
設立 1956年8月1日 ※2016年に創業60周年を迎えました!
資本金 4億5,000万円
代表者 代表取締役社長 山田 泰一郎
売上高 単体:691億円
グループ連結:1083億円
※いずれも2016年6月期
従業員数 1220名(2017年1月現在)
事業内容 【各種チューブの開発・製造】
自動車の燃料系やブレーキ系など自動車の重要な部分を担っている
自動車用チューブなど各種チューブの開発・製造を手がけています。
最近では、燃費向上に貢献する“フューエルデリバリパイプ”が
自動車メーカーに高く評価されています。

【ブラケット部品の加工】
自動車の乗り心地を快適にする防振部品を開発・製造。
ゴムや金具を有機的に組み合わせることにより、
振動や騒音を軽減する製品です。

【ユニットパイプ部品】
熱交換を利用した“EGRクーラー”などエンジンまわりの
機能部品の開発・設計・製造。
NOxなどを除去して排気ガスをクリーンにする
“EGRクーラー”は、環境に優しい製品として注目を集めています。

【エレクトロニクス部品の開発・製造】
衛星放送受信やビデオ計測機、自動車電話などに活用されている
『表面波フィルター』の開発にも成功しました。
事業所・営業所 本社(名古屋)
工場(岡崎、御津)
営業所(大阪、広島)
本社所在地 愛知県
沿革 昭和31年 マルヤス機械(株)より自動車部品部門の製造及び販売部門がマルヤス工業(株)として分離独立
昭和36年 自社技術開発による二重巻鋼管生産開始
昭和40年 岡崎工場稼動
昭和51年 長野工場稼動
昭和53年 トヨタ品質管理賞優良賞受賞
昭和54年 表面波フィルター生産開始
昭和56年 PM優秀事業場賞受賞(本社工場、岡崎工場)
昭和59年 カーティス-マルヤス・アメリカ社設立(カルフォルニア工場)
昭和61年 御津工場稼動
昭和63年 カーティス-マルヤス・アメリカ社ケンタッキー工場稼動
平成6年 PM優秀事業場賞受賞(御津工場)
平成8年 (株)マルヤス長野設立(長野工場分社化)
平成9年 マルヤスインダストリーズタイランド社設立(タイ)
カーティス-マルヤス・アメリカ社造管工場稼動
平成11年 ISO9001認証取得
TPM優秀賞継続賞受賞(岡崎、御津工場)
平成12年 QS9000認証取得、ISO14001認証取得
平成13年 ウエビスタ社へ出資(フランス)
天津市油管廠と技術援助契約を締結
TPM優秀賞特別賞受賞(岡崎、御津工場)
平成14年 パシフィック・コースト・エムエス・インダストリーズ社設立(アメリカ)
平成15年 サッカー部 天皇杯全国大会出場
平成16年 天津マルヤス配管システム(株)設立
広州マルヤス配管システム(株)設立
平成17年 トヨタ技術開発賞 軽量化特別賞受賞
平成18年 カーティス-マルヤス・アメリカ社テキサス工場稼動
マルヤスインダストリーズタイランド社第二工場稼動
トヨタ技術開発賞受賞
平成19年 ウェスタフレックスグループ子会社化(フランス)
平成20年 日名物流センター完成(岡崎)
福岡に新工場団地取得
平成21年 山田隆雄社長 フランス政府よりレジオン・ドヌール勲章受章
平成22年 事務本館完成
トヨタ技術開発賞受賞
平成23年 トヨタ技術MI賞受賞
主要取引先 <国内自動車メーカーと部品メーカー>
国内全ての自動車メーカーと取引しています(順不同)
トヨタ自動車(株)、ダイハツ工業(株)、日野自動車(株)、マツダ(株)、本田技研工業(株)、日産自動車(株)、三菱自動車工業(株)、いすゞ自動車(株)、スズキ(株)、富士重工業(株)、トヨタ自動車東日本(株)、トヨタ車体(株)、ヤマハ発動機(株)、(株)デンソー、アイシン精機(株)、(株)ジェイテクト、(株)アドヴィックス

<海外自動車メーカー>
ゼネラルモーターズ、ルノー、プジョー
PageTopへ
会社情報 採用情報