新卒採用・就活なら就職ウォーカーNet 新卒採用・就活なら就職ウォーカーNet
※2018年卒対象の企業情報です。2019年卒対象の採用を保証するものではありません。
株式会社満寿屋商店  
メーカー(食品)/サービス(中食)
2030年、十勝がパン王国になる。
会社情報 採用情報
なりたいオトナの探し方
会社情報
基本情報
経営理念・ビジョン 企業目標「お客様と農家さんと私たちが笑顔とよろこびに満ちあふれる小麦王国十勝のパン屋」
日本一の小麦生産地である十勝は、農作物や乳製品など、質の高い食材に恵まれた土地です。そんな場所で毎日パンを作れる幸運に感謝し、食育につながるピザ教室・パン作り教室などの活動を通じて地域の発展に貢献しています。また十勝産小麦の価値をどうやって最大にするかに取り組んでいます。
技術力・開発力 創業1950年。十勝で生まれ、十勝で育ち、十勝で愛され続ける心和むパン屋「満寿屋商店」昔ながらの伝統を守りつつ、十勝産食材使用し、日々新しい美味しさを追求しています。それこそが私たちの十勝に対する感謝の気持ち。素材に、製法に、焼きたてに、徹底的にこだわりながら、格別の美味しさ、そして最高の笑顔をお届けしています。
我が社の社風 昔から地元のお客様に変わらない味として「ますやさん」の愛称で親しまれています。
設立 昭和28年1月26日
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役社長 杉山雅則
売上高 9億円
従業員数 150名
事業内容 パン製造販売。本店のある帯広を中心に、市内に4店舗、帯広近郊の町に2店舗の6店舗を展開。さらに、2016年1工場と2016年11月末に東京本店をオープンしました。
お店側から工場が見えるよう、手作り感・焼たて感・出来たて感を大切にし、
1950年の創業からずっと、地元の食材を活かした手作りパンをお届けしています。
最近では、大学との共同開発のパンや地元食材を使用したパンなど常に研究・開発
にも力を入れています。
事業・商品の特徴 「満寿屋商店」のパンの原材料小麦は、十勝産食材100%使用が特徴です。
さらに、地元食材を使用し、地産地消に力を入れています。
また、食育も積極的に行っており、石窯を積んだ車でピザ教室を開いています。
2016年11月末には、東京本店をオープン。東京本店では、食材にこだわり
十勝食材(水までも)を十勝から送り製造しています。
事業所・営業所 ・本店
・ボヌール店
・帯広駅店
・音更店
・めむろ窯
・麦音
・とかち木野工場
・東京本店
本社所在地 〒080-0027
北海道帯広市西17条南3丁目50-17
沿革 1950年 1月 創業
1987年 10月 ボヌールマスヤ開店 全国で初めて北海道産パン用小麦ハルユタカを使用したパンの販売開始
1989年 5月 全国宅配サービスを開始
1996年 11月 帯広駅店開店
1997年 9月 音更店開店
2006年 8月 めむろ窯開店
2009年 5月 麦音開店
2012年 10月 全店全商品の自社配合する小麦粉を十勝産小麦100%にする
2015年 9月帯広畜産大学との共同開発「炊き種製法」による商品を発表
2016年 7月とかち木野工場稼働
2016年11月首都圏初出店。満寿屋商店東京本店オープン
PageTopへ
会社情報 採用情報