新卒採用・就活なら就職ウォーカーNet 新卒採用・就活なら就職ウォーカーNet
※2018年卒対象の企業情報です。2019年卒対象の採用を保証するものではありません。
三菱電機株式会社  
メーカー(電気・電子機器)
エレベーター・エスカレーター、FA(ファクトリーオートメーション)機器、人工衛星、鉄道車両・自動車用電装品、大型映像システム、冷蔵庫、空調機といくつか例を挙げただけでも、三菱電機は幅広い分野で国内だけでなく、世界規模での社会性・公共性の高い事業を展開している企業です。
会社情報 採用情報
なりたいオトナの探し方
会社情報
基本情報
経営理念・ビジョン 地球規模の社会課題へ挑戦を続ける


創業は1921年。以来、発電・送電・水道・通信・交通など様々なインフラづくりに関わり、社会の心臓部分に機能してきた三菱電機。コーポレートステートメント“Changes for the Better”の理念の下、変革を続けることで、新たな価値を生み出してきました。そして現在、社会の発展と共に地球温暖化やエネルギー問題など、新たな課題も生まれています。社会のコアな部分を支えてきた三菱電機だからこそ、やらなければならないことがある。先進性と品質が世界で評価され、39カ国、13万人以上に拡大したネットワーク。今日よりももっと素晴らしい明日のために、私たちはこれからも挑み続けます。


シナジーが新たな価値を生み出す


強い事業をより強く、そして強い事業を核としたソリューション事業を強化する、それが三菱電機の戦略です。地球規模の課題に挑んでいくためには、総合電機の総合力を結集させ、新しい価値をつくることが必要です。三菱電機には、次世代の電力網「スマートグリッド」や、自動車機器と宇宙システム事業双方の高い技術力を掛け合わせることによって生まれた「自動運転システム」といった先進的なプロジェクトがあります。各事業分野を代表するメンバーが集まり、実用化に向けて日々多くのプロジェクトが進行中です。世界をつくってきた技術やノウハウが集まり、生まれているシナジーは、三菱電機にしかつくれない価値へとつながっています。
魅力的な人材 集まれ、世界をつくる情熱。


私たちが挑んでいる地球規模の社会課題は、たった一人で解決できるものではありません。三菱電機の社員一人ひとりに、少しでも良い世界をつくろうとする強い意志があり、チーム全員が目指す未来を共有し、技術系/事務系の壁を越えて情熱をひとつにしていく。人と人とのシナジーが、三菱電機のものづくりの源です。そこには年齢も性別も職種も関係ない。活躍の場はやる気ある人に与えていくのが、私たちのスタイルです。これからもそうやって、未来を切り拓く。困難にも逆風にも負けることなく燃え続ける情熱を持ったあなたに、出会えるのを楽しみにしています。  
設立 1921年1月15日(大正10年)
資本金 1,758億円(2016年3月現在)
代表者 代表執行役 執行役社長 柵山 正樹(さくやま まさき)
売上高 4兆3,943億円(2016年3月 連結)
従業員数 13万5,160名(2016年3月現在 連結)
事業内容 ビル、産業・FA(ファクトリーオートメーション)、公共、エネルギー、交通、
自動車機器、宇宙、通信、半導体・電子デバイス、空調・冷熱、ホームエレクトロニクス、ITソリューションなどの分野でのあらゆる電気機器及びシステム技術の研究・開発・製造・販売
事業所・営業所 本社(東京)、販売拠点(札幌、仙台、さいたま、横浜、金沢、名古屋、大阪、広島、高松、福岡など)、設計・製造拠点(郡山、群馬、鎌倉、静岡、名古屋、稲沢、中津川、長岡京、和歌山、伊丹、尼崎、神戸、三田、姫路、赤穂、福山、丸亀、福岡、長崎など)、研究・開発拠点(鎌倉、尼崎、姫路など)、海外拠点 計約120拠点
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビル
関連会社 三菱電機ビルテクノサ-ビス(株)、三菱電機エンジニアリング(株)、三菱電機インフォメーションシステムズ(株)、三菱電機情報ネットワーク(株)、三菱電機システムサービス(株)、三菱電機プラントエンジニアリング、三菱スペース・ソフトウエア(株) など国内外約200社  
環境への取り組み~環境ビジョン2021~ 三菱電機株式会社は、創立100周年の年である2021年を目標年とする、三菱電機グループの環境経営における長期ビジョン「環境ビジョン2021」を策定しました。

“技術と行動で人と地球に貢献する”を指針に定め、特長である幅広い高度な“技術”と社員の積極的・継続的な“行動”の推進によって、事業活動を通じ、持続可能な社会の実現に貢献します。

●地球温暖化防止のために
●循環型社会を形成するために
●自然と共生し、環境マインドを持った人材を育成します

【詳しくは当社HP内 CSRへの取り組み をご覧ください】
(http://www.mitsubishielectric.co.jp/corporate/csr/index.html)  
PageTopへ
会社情報 採用情報