新卒採用・就活なら就職ウォーカーNet 新卒採用・就活なら就職ウォーカーNet
※2018年卒対象の企業情報です。2019年卒対象の採用を保証するものではありません。
興和株式会社  
メーカー(医薬品/その他)/商社(総合)
医薬品メーカーであり、電機光学メーカーであり、
そして総合商社でもある複合企業体コーワ。
会社情報 採用情報
なりたいオトナの探し方
会社情報
基本情報
経営理念・ビジョン ”堅実と進取”。この言葉がコーワの経営理念です。
経営の部分では堅実経営を心がけており、これが100年以上続くコーワの理由となっています。
進取とは、新しい事に積極的に挑戦するという意味で、これもコーワの特徴です。創業は商社としてスタートしながらも、時代の変化を先読み、積極的に新事業にチャレンジしてきました。今ではコーワの顔となっている医薬品事業も戦後立ち上げた事業であり、コーワの進取の精神が発揮された事業と言えます。
コーワはこの”堅実と進取”の精神で、商社とメーカーを併せ持つ複合企業として発展してきました。今後も堅実経営を基盤にしながら、進取の精神で様々な事業に挑戦していきます。
技術力・開発力 医療用医薬品事業に関しては、国内ではMR1000人体制を確立し、医療関係者によりきめ細かい情報提供を実施していきます。海外においては、「高コレステロール血症治療剤リバロ錠」を軸に、ヨーロッパ・アメリカ・アジアという三大市場を視野に入れ、世界展開を行っていきます。
研究分野においては、動脈硬化領域、糖尿病領域、免疫・アレルギー疾患領域、眼疾患領域に重点をおき、未来を見据えた数多くの研究が今も進められています。
OTC医薬品事業に関しては、キャベジンやバンテリンなどの自社ブランドの強化と、新製品の積極的投入による国内市場のシェア拡大を図っていきます。国外についても、現在中国でバンテリンの発売を開始するなど、積極的に取り組んでいます。
商社事業に関しては、モノに新たな付加価値をつける事をテーマに事業展開しています。輸出入業務に留まらず、製造・販売など商社の枠組みを超えた活動を行っていきます。
電機光学事業に関しては、超高齢化社会到来に備え、眼科向け医療機器の拡充など、それぞれの分野でのプロフェッショナルを目指し、研究開発を進めていきます。
このようにそれぞれ各事業部がその道のエキスパートを目指しているのがコーワのビジネス展開です。
創業 1894年  
我が社の社風 ”自発のサイクル”。コーワの企業風土を一言で表すこの言葉には、個々が仕事に興味を持ち、探求し、自ら考えて行動する、また、強い個人が自発的に相手を思い合って助けるという、コーワのチャレンジ精神と助け合い精神が盛り込まれています。
一世紀を越えるコーワの歴史は、堅実と進取の精神の下、大胆な挑戦の歴史と助け合いの歴史でもあります。
その最たる例が、戦後いち早く下された医薬品事業、電機光学事業進出でした。
全くゼロからの出発という、この強烈な起業家魂と多くの人を幸せにしたいという思いがこの決断に結びつきました。
現在のコーワの社内にも助け合いの伝統が脈々と引き継がれ、それが安心して失敗を恐れずにチャレンジする社風にも繋がっています。
自立した強い個人が、助けるべき人を助けるべき時に助ける。これがコーワ流なのです。
設立 1939年11月15日
資本金 38億4,000万円
代表者 代表取締役社長 三輪 芳弘
売上高 3,744億4,900万円(16年3月 興和株式会社連結決算)
従業員数 3,611名(16年3月 興和4社計)
事業内容 【商社部門】繊維、機械、建材、船舶、鉱物資源、化成品、生活関連物資などの輸出入、三国間貿易および国内販売
【メーカー部門】OTC・医療用医薬品等の研究開発、製造、医療機器・環境省エネ機器など各種電機光学製品の研究開発・製造販売・輸出入、社内システムの構築
事業所・営業所 国内外各事業所
本社所在地 愛知県名古屋市中区錦3-6-29
沿革 1894年 創業
1939年 商事部門が独立
1945年 非繊維部門創設
1946年 電機光学部門創設
1947年 医薬品部門創設
1954年 医薬品営業部門として興和新薬(株)設立
2004年 興和新薬(株)の医療用医薬品営業部門を興和(株)医薬事業部へ譲渡
2006年 興和(株)が日研化学(株)を完全子会社化及び両社医療用医薬品販売事業の営業統合
2006年 興和創薬(株)創立
PageTopへ
会社情報 採用情報