新卒採用・就活なら就職ウォーカーNet 新卒採用・就活なら就職ウォーカーNet
近海郵船北海道株式会社  
運輸・エネルギー(陸運/海運/その他)
北海道は日本の食糧基地であり、紙製品の主要生産拠点です。
北海道の津々浦々から本州に向けて農産物や乳製品、水産物など、そして新聞用紙や印刷用紙など、日本国民の生活や食卓を賄うために一年を通して陸海複合輸送をしています。
また、本州から入ってくる食糧品、衣料品などあらゆる種類の一般雑貨や工業製品、加工品、原料、建築資材など、運べないものはなにもない、という思いで北海道の隅々までお届けしています。
私たち近海郵船北海道はお客様の想いをしっかりとお届けすることを最大の願いとして、毎日若いスタッフが頑張っています!
HPはこちら
ブックマーク
 
就職ウォーカーNetからのエントリーはこちら
エントリー セミナーエントリー
会社情報 採用情報
なりたいオトナの探し方
会社情報
基本情報
経営理念・ビジョン 行動指針
当社は物流の担い手として日本経済の動脈を支え、船舶を中心とした貨物輸送分野で確固たる地位を築いてきたが、更にその重要性を認識し、社会の信頼を高め、尊敬を得られるよう、会社の行動指針を次の通り定める。

経営方針
1. 海運事業者及び物流事業者としての社会的使命を自覚し、安全且つ優良なサービスを提供し、顧客の要望に謙虚に耳を傾け、その期待と信頼に応えられるよう、絶えざる企業努力を行い、社会・顧客・株主・従業員と共に繁栄することを旨とする。

2. 法令及び規則を遵守し、社会規範、企業倫理に照らして公正且つ透明性の高い善良な企業活動を行う。

3. 船舶及びその他全ての運送の安全を最重要な課題として取組み、事故が起こらないよう安全対策の充実及び強化を図ると共に、安全の技術向上に努力する。同時に、環境問題にも意を尽くし、地球環境保全にも貢献できるよう努力する。

行動基準
1. 社会の一員であることを自覚し、正義と公正を旨として、法令及び社内規則等を遵守し、社会規範及び企業倫理に基づき、善良なる管理者としての注意義務を尽くして行動する。

2. 他の役職員のコンプライアンスに違反した行為を見逃したり、隠蔽したりしない。

3. 業務上求められる守秘義務を遵守する。

4. 社会通念を逸脱するような過剰な接待、または贈答の接受は慎むようにする。

5. 公私を明確に峻別する。会社の所有する事務機器や事務用品、システム等を個人的な目的で使用しない。

6. 個人の人格を尊重し、差別のない社会、公正な職場環境の醸成に努める。全ての人々の人格、人権を尊重し、いわれなき差別、セクシャル・ハラスメント等の行為は行わない。

7. 市民生活の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは一切与せず、断固として対決する。

8. 社内外での行動、言動に充分配慮し、近海郵船北海道の社員であると同時に日本郵船グループの一員としての自覚と品位を保つよう自らを律する。
技術力・開発力 近海郵船(株)が運行する最新鋭の大型RORO船(貨物を積んだトラックやトレーラーがそのまま運べる船)を利用し、北海道を発着する多種多様な貨物の海陸一貫輸送を得意としています。
我が社の社風 若手社員が多く活気に溢れた職場です。
設立 昭和36(1961)年12月1日 郵船釧路運輸株式会社設立(2008年近海郵船北海道株式会社に改称)
資本金 1,000万円
株主 近海郵船(株)(100%)  
代表者 代表取締役社長 仲井 保治
売上高 2億4700万円
(2016年3月実績)
従業員数 27名(出向者を含む)
総務部 4名
苫小牧本社運行部 14名
札幌支店 4名
近海郵船(株) 常陸那珂営業所出向 1名
近海郵船(株) 敦賀事務所出向 1名
(株)サンユウ出向 1名
事業内容 船舶代理店業
貨物利用運送事業
倉庫業

当社は、大型RORO船(フェリー方式の貨物船)を主体とした国内貨物定期航路の運営を行う近海郵船(株)の北海道総代理店です。
北海道生産財の移出・道内消費財の移入などで北海道経済の一翼を担う公共性の高いやりがいのある仕事です。
近海郵船は、船舶のみならずトレーラーを約900台保有し、海陸一貫輸送も特色としています。
北海道からは苫小牧港を起点に敦賀港(福井県)・常陸那珂港(茨城県)へ毎日運行をおこなっております。
事業・商品の特徴 内航海運業、近海郵船(株)の北海道総代理店、近海郵船グループの扇の要です。そして、北海道の情報発信基地です。
苫小牧港は太平洋側の常陸那珂港と日本海側の敦賀港を結ぶ基点となる港です。私たち近海郵船北海道はグループの主要航路であるこの二つの航路を担っています。
事業所・営業所 本社
〒059-1375 北海道苫小牧市一本松町2-3

札幌支店
〒060-0002 北海道札幌市中央区北2条西4-1 北海道ビル

苫小牧港入船埠頭(ヤード)
北海道苫小牧市入船町1丁目3番地
本社所在地 〒059-1375 北海道苫小牧市一本松町2-3
沿革 1961年 S38年 郵船釧路運輸(株)
日本郵船(株)釧路出張所を現地法人化して設立
1999年 H11年 東京/釧路間フェリー休止 大型貨物専用船(RORO型)化
2007年 H19年 釧路/東京航路休止
2008年 H20年 郵船釧路運輸(株)より近海郵船北海道(株)へ改称
2014年 H26年 本社を釧路より苫小牧に移転
系列 日本郵船(株)グループの会社です。  
携帯

http://www.s-walker.net/2018/m/company/top.php/7490

携帯でも就職ウォーカーNet!

当社のホンネ
従業員の男女比率・女性の活躍って? 女性6名(パート社員含む)、全従業員の2割ですが、管理職として活躍する社員もいます。
新卒3年以内の離職率 0 % / 3年
全員元気に働いています。
異動や転勤の頻度って? 2~3年に一度有り。
当社は北海道(苫小牧・札幌)を拠点として業務を行っていますが、近海郵船(株)への出向による1~2回程度の本州勤務があります。
残業・休日出勤の実態 30 時間 / 月
配属部署や季節要因などにより残業が有ります。当社は完全週休二日制ですが、配属部署により休日出勤があります。残業、休日出勤については時間外・休日手当・代休制度等で対応しています。
会社スクープ!
実はうちの会社
○×□なんです!
誰でも乗船出来る客船・フェリーとは一味違った貨物船(RORO船)に乗船出来ます!(乗船研修制度)

会社契約のスポーツクラブの利用が無料。
PageTopへ
会社情報 採用情報
 
就職ウォーカーNetからのエントリーはこちら
エントリー セミナーエントリー
お問い合わせ
問い合わせ先 〒059-1375 北海道苫小牧市一本松町2-3
総務部 / 矢中
E-MAIL kyh_info@kyk.co.jp
TEL 0144-52-5730
FAX 0144-57-4133
URL http://www.ky-hokkaido.co.jp/
交通機関 JR沼ノ端駅 または 苫小牧駅(面接時は送迎します)
(居住地/面接場所の往復交通費は実費支給(公共交通機関利用)します)
PageTopへ